--.--.--(--)--:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.29(Sat)01:44  ルーツと現在
音楽のルーツ。
ピアノやってたおかげで、小学生からクラシックをきく。
お年頃になるとカラオケに行くとかでJ-POPを聞かざるをえなくなる(最初はむりやり)。
ヒットチャート追ってたなぁ。むかしは。

専門学校の友達から、こんなのどう?って聞かされたのがSNAIL RAMP(笑)
ここで、インディーズの深みにハマる。
スネイルにハマったというよりは、スネイルを通じて上位チャートに出ない音楽がスゴいんだって。
J-POPがいかに軽いかがわかったのはこのあたりから。

ヒットチャートを捨て、民放にでないバンドをききまくる。
アジカンやくるり、バイン、トライセラ。
テナーと出会わせてくれたのはレミオロメンだったりする。

これらが、私の音楽の歴史を作ったのだ。



本を読もう、と思ったのが数年前。
でもありすぎる本の中から何から手を出していいのかまったくわからなくて。
当時は映画も見なかったから、映画の原作もあんまわかんなかった。
今はWOWOWのおかげでいろんなのみれるからね。

まずは古本屋で素敵なタイトルを探す。
次に裏の紹介を読む。
気になったら、中身をみることなく買う。ってのを散々やった。

親は良く読んでたけど何か違うなぁーって思ったから、
同世代の友達にオススメ借りて、その作者を調べたりなんやかんやして。

まぁ、大ブームの村上春樹を知らない人でしたから(笑)


よーやくわかったのが、ミステリーが好きってこと。

恋愛モノは最初からムリわかったけどねw
冒険、ファンタジーにハマると思ったのに。


凍りのくじら。
というステキなタイトル作品を持つ辻村さん。
7割はタイトル、2割は表紙に惹かれて前情報なしで新刊買った。
これ、もし駄作だったら本自体を読まなかったかも(笑)なんて。



ミステリーっていっても、コナンみたいな殺人があってトリック推理して、じゃなく。
いわゆる不思議、謎。

パズルを組み立てるっていうのは同じかもだけど、
それはトリックを暴くためでなくて、自分やまわりのためにウロウロしながら解いてくんだ。


それがなんだかおもしろくて。

雑学を持って、本を読めればちょー楽しいだろうな。
先読みできそう。


そんなで、石持浅海が好きになりました!

古本屋で漁るなんて労力のかかることをせんでよくなったので、
ミステリーに絞って調べたら、タイトルがステキだし高評価だし。

はい。

最初に読んだのが、文庫化したばっかりの魔法使いなんだけどw


月の扉。
水の迷宮。

このタイトルうっとりするわ。
中身もおもしろい。



今、恩田陸の3月を読む。

小説はオンナ作家のが好きだな。



さて、寝るかー。
Secret

TrackBackURL
→http://crossxliver.blog55.fc2.com/tb.php/1104-df672575
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。